焔(ほむら)

【登場作品】閃乱カグラ
焔.jpg

宿星:天殺星
二つ名:悪に見棄てられた忍 ⇒ 紅蓮のカグラ


 元秘立蛇女子学院選抜クラスのリーダー。力のみを忍の存在意義と捉え、
最強の座と力を求めて周辺校の忍学部を次々に襲撃し秘伝忍法書を奪う任務の中、
半蔵学園にて飛鳥と対峙、幾度と刃を重ね、互いに譲れないものを賭けて
殺し合う仲となり、最終決戦にて飛鳥に破れ、忍の表舞台から姿を消す事となる。

 ――が、この世界線では正史とは異なる運命を辿る。ある陰謀に巻き込まれ
蛇女子を抜け忍として追放された挙句、謂れのない罪まで被せられ指名手配まで
され、逃亡の果てに力尽きたところを倶利伽羅たち鋼家に助けられる。その後、
行くあての無い彼女と戦力が欲しい鋼家とで利害が一致し、力試しを経て
契約を結び、鋼家の一員として迎え入れられる。

 蛇女子を離れた事で召喚獣が離れ秘伝忍法が使えなくなっていたが、
チビテラスの隈取を目視出来る事から、修行と共同生活の甲斐あってか一時的
にその力を借り受けられるようになり、より威力を増して再度使用可能となっている。

 自他共に厳しいストイックな性格だが、常識やセンスなどやや抜けているようにも見える。
かつては強さのみを追い求め仲間に対しても利用価値の有無でしか判断していなかったが、
強敵との戦いと日常を共にする機会などを経て少しずつ絆の大切さを理解するようになる。
真面目ではあるがやや堅物のきらいがあり、自他ともに認めるストイックな性格だが、
世間知らずな一面も。独特のセンスを持ち、普段着の文字Tシャツからもそれが伺える。

 実は善忍の家系の生まれであり、親の後を継いで善忍となる事を当たり前のように目指し
修練を重ねていたが、懇意にしていた担任の正体が悪忍であり、襲われるがこれを返り討ちにする。
しかし、過剰防衛として書類送検されてしまい親も一切の弁解を許されず勘当。
善忍としての将来を奪われ、自暴自棄に陥ったところをある悪忍に拾われる。その時に悪忍が口にした
「悪は善より寛容」という言葉をそれ以来座右の銘と捉え、考えもそれに染まっていた。

 ――が、物語の中でそれ自体が悪忍の策略だったと知り、善どころか悪さえも自分を裏切ったと絶望し、
忍を辞めるどころか死んでしまおうとさえ考えていた。が、療養中に襲来した追っ手を撃退した
倶利伽羅の「世界を善と悪だけで考えるんじゃない」と言う言葉で踏みとどまり、
彼の下に就く形で忍を続けている。善忍に未練は無いようだが、最近は善悪を超えた何かを見出しつつあるようだ。

 戦闘時は両手に三本ずつ、計六本の刀剣を装備する『六爪』なる剣技を駆使して戦う。
また真の強敵を相手にする時のみ、意志を持つ七本目の大太刀「炎月花」が自ら鞘より抜けると
言うが、一度も抜けた事は無く、現在は刀身が折れておりどちらにせよ使えない状態にある。

  • 最終更新:2018-02-21 18:18:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード