北方棲姫(ほっぽうせいき)

【登場作品】艦隊これくしょん
北方棲姫.jpg

二つ名:零の遺産

 第二次アリューシャン(AL)作戦において、艦隊がダッチハーバー基地跡で出会った深海棲艦の上位種”姫級”の一体。
幼い少女の容姿をしており着用しているワンピースやミトン、そして肌から腰まである長い髪までが雪のように白く、
その頭には角のような黒い突起がある。なお、下着は黒の紐パンツのみ。風邪を引きそうで心配である。

 見た目こそ幼女だが、姫級であり単独では艦娘を凌駕する戦闘力を持つ。戦艦の装甲を一撃で貫く火力と新たに配備された
高い制空性能を持つ球状の艦載機を駆る。その他、敵の行使する艦載機のコントロールを掌握し、支配下に置く能力を持つ。
先行していた水雷戦隊を浮遊要塞と共に迎撃し、撃退した。

 倶利伽羅率いるメルクリア艦隊も相当に苦戦させ、特に倶利伽羅は攻撃すらままならず防戦一方を強いられるが、秘密裏に開発していた
新型の対深海棲艦用弾頭「テュポーン」により、力の源であった怨嗟の負念を浄化され混乱、海に落ちるが引き上げられ、水上にて
初めて生物としての産声を上げる。その後、断腸の思いでダッチハーバーに残されるが、作戦終了後の帰路途中で立ち寄った際には
いなくなっていた。その後なんと自力でメルクリアに到達したらしく帰還した倶利伽羅らを執務室で待っていた。
以後、施設防空戦力の名目で鹵獲扱い・捕虜としてメルクリアの住人となり「ほっぽ」「ほっぽちゃん」の愛称で親しまれる。

  • 最終更新:2018-03-03 17:25:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード